遺言

【遺言書の作成方法】遺言の知識(遺言とメモの両方を残すと発見されやすい)

【遺言の知識】あなたの家族は、遺言を見つけることはできますか?

すれ違いのお悩み

遺言を残す人は、遺言をどこに保管したらいいか悩みます。

遺言を探す人は、遺言がどこに保管されているのか悩みます。

相続手続きで最初にやることは、「遺言を発見すること」です。

遺言が見つからない

新しい日付の遺言が、あとから見つかる

2020年7月から法務局での保管制度が始まりました。

保管場所でお悩みの方は、ご家族のことを考えて、積極的に活用しましょう。

【遺言の保管場所】法務局の保管制度とは?

【遺言の知識】遺言を開けてしまうと、罰金になります!

遺言を開けてしまうと、罰金になることをご存知でしょうか?

民法の条文によると、

遺言書の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない。遺言書の保管者がない場合において、相続人が遺言書を発見した後も、同様とする。 

2.前項の規定は、公正証書による遺言については、適用しない。 

3.封印のある遺言書は、家庭裁判所において相続人又はその代理人の立会いがなければ、開封することができない。

民法1004条

前項の規定により遺言書を提出することを怠り、その検認を経ないで遺言を執行し、又は家庭裁判所外においてその開封をした者は、五万円以下の過料に処する。の証書を提出した日付及び遺言者の申述を封紙に記載した後、遺言者及び証人とともにこれに署名し、印を押すこと。

民法1005条
家族に迷惑がかからないように、理解しておきましょう。

【遺言書の作成方法】これで安心!遺言とメモの両方を残しましょう!

遺言と別のメモを残しておけば、ご家族も安心して手続きができます。

メモに書くこと

遺言があるのか(ないのか)

遺言を保管しているところ

遺言を残した日付(書き直しや複数あると、新しい日付のものが有効です。)

遺言の執行者の連絡先

遺言の依頼をした専門家の連絡先

「エンディングノートタイプ」が遺言と区別できてオススメです。

また、遺言の種類も書いてあるとご家族の手続きがスムーズです。

遺言の準備をすることは、とても大切です。

遺言やエンディングノートの書き方でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

こちらもオススメ