遺言

【遺言書の作成方法】遺言の知識(遺言の付言事項とパスワードの情報について)

【遺言の知識】遺言での個人情報はどこまで書くべき?

よくあるお悩み

パスワードの情報を遺言に書いていいのだろうか

そもそも遺言はいつ開けてもらえるのだろう

SNSアカウントの削除は誰にまかせればいいか分からない

パソコンやスマホには、たくさんの個人情報が保管されてます。

そこには、他人に見られたくない情報もあると思います。

どのようにすればいいのでしょうか。

【遺言の知識】遺言にパスワード情報を書いていいのか?

遺言を残す人の意思が尊重されるため、遺言に書く内容は、決まりはありません。

自筆証書遺言は、自筆ですべての文書と日付を記入して、署名押印します。

訂正の方法を間違えて不備になると、遺言が無効になります。

【自筆証書遺言】メリットとデメリットについて

公正証書遺言は、証人2人の立会いのうえ、遺言の内容を読み上げます。

遺言にはパスワード情報やSNSアカウントの削除依頼は書きづらいですね。

【公正証書遺言】メリットとデメリットについて

【遺言の知識】遺言を開けてもらうタイミングは?いつなの?

自筆(秘密も)証書遺言は、家庭裁判所の検認手続きが終わってから開けなければなりません。

そして、相続人全員の前で開封されます。

一般的には、四十九日の法要等などが多いです。

自分には、どの財産を残しているのだろう?

自分に何を残してくれるのか気になりますね。

このタイミングで、家族へのメッセージが伝わるでしょうか?

感謝の気持ちを伝える場合は、お通夜か葬儀までに伝えたいのではないでしょうか?

【遺言の作成方法】遺言の付言事項を活用してみよう!

「遺言=ミステリー小説の遺産相続殺人事件」のイメージがありますが、

遺言の目的は財産を残すためだけではありません。

遺言の最後の部分に付言事項というものがあります。

この付言事項に家族へメッセージを残すことができます。

是非とも、活用しましょう。遺産分割の理由を書くとトラブルを避けることができます。

【遺言の知識】SNSアカウントの整理の手順について

他人に見られたくない情報がある人は、きちんと管理してありますか?

面倒だと考えている・先のばしにしていた方へ

とりあえず、下記のSTEPで少しずつ進めていきましょう!

STEP1. 自分でパスワードをまとめる

STEP2. 誰がみてもいいようにする

STEP3. 伝える方法を決める

STEP4. 家族にきちんと伝わるようにする

【遺言の知識】遺言だけでは不安が多いときは?

 

実は、手紙やエンディングノートは、メッセージを伝えるのに優れています。

これで安心できます!

遺言と手紙(エンディングノートなど)を使い分ける

遺言も封筒に入れるので、個人的には、ノートタイプであるエンディングノートがオススメです。

遺言やエンディングノートの書き方でお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

こちらもオススメ