相続

【相続の手続き】相続の知識(遺産分割の4つの方法について)

【相続の知識】遺産分割の4つの方法は?

遺産分割は、下記の方法があります。

遺産分割の4つの方法

  1. 現物分割
  2. 換価分割
  3. 代償分割
  4. 共有

不動産を分割するときは、注意しましょう!

【遺産分割】現物分割とは?

 

「現物分割」とは、財産を現物で分ける方法です。

例①【現物分割】

長男:実家

二男:預貯金

とてもわかりやすくそのまま分けることできます。

そもそも公平に分けることができません。

【遺産分割】換価分割とは?

 

「換価分割」とは、財産を売却してその現金を分ける方法です。

例②【換価分割】

空き家の売却金額:1,000万円

長男:現金500万円

二男:現金500万円

不動産を現金にして全員で平等に分けることができます。

  • 売り急ぐことが多いため、低い価格になりやすいこと
  • 譲渡所得税などの税金がかかることがあります。

【遺産分割】代償分割とは?

 

「代償分割」とは、特定の相続人が財産を相続して、その代わりに現金を支払う方法です。

例③【代償分割】

長男:実家

二男:長男からの代償金

不動産を売却しないで、財産を分けることができます。

代償金を支払う相続人は、現金が必要です。

不動産の評価と代償金のバランスを取るのが難しいです。

【遺産分割】共有とは?

 

「共有」とは、持ち分で分ける方法です。

例④【共有】

長男:空き家1/2

二男:空き家1/2

人数割りができるので、公平に分けることができます。

共有物を売るとき、全員の同意が必要である。

相続のたびに共有者が増えるリスクがあること

不動産の共有名義は、トラブルの原因につながりやすいです。

相続の知識【遺留分はトラブルの原因になりやすい】はこちら

相続のお手続きでお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

こちらもオススメ