相続

【相続の手続き】法定相続情報一覧図について

【相続の手続き】便利な法定相続情報一覧図とは?

 

相続手続きでは、戸籍謄本の原本を提出することを求められます。

各金融機関ごとに戸籍謄本を準備していくと、たくさんの戸籍謄本が必要となります。

たくさんの戸籍謄本の代わりになる「法定相続情報一覧図の写し」という書類があります。

法定相続情報一覧図

この書類を利用すると、たくさんの戸籍謄本を各金融機関へ持参しなくても大丈夫です。

6b43ce14bd508f2d8e1913084b09122a

法定相続情報一覧図の請求に必要な書類について

 

【必要な書類】

  • 被相続人の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本・除籍謄本
  • 被相続人の住民票の除票または戸籍の附票
  • 相続人全員の戸籍謄本(抄本)
  • 相続人全員の住民票の写し
  • 相続人代表者の本人確認のコピー
  • 委任状
  • 代理人(親族の場合)の戸籍謄本

※法定相続情報一覧図の保管および交付の申出書には、「戸籍謄本を返却希望」と書くと、戸籍謄本の原本を返却してくれます。

法定相続情報一覧図の申出ができる場所

登記所(法務局)へ提出して手続きを進めます。

【申出ができる登記所】

  • 被相続人の本籍地
  • 被相続人の最後の住所地
  • 申出人(相続人の代表者)の住所地
  • 被相続人名義の不動産の所在地

【戸籍謄本の取り寄せ方法】郵送についてはこちら

相続のお手続きでお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。