不動産

【不動産の購入】旧耐震?新耐震?築年数のチェックについて

この記事を読んでもらいたい方は?

  • 家探しを始めたばかりで、勉強したい。
  • 不動産の購入は失敗したくないと考えている。
  • 不動産について、正しい知識を知りたい。

マイホームの購入を検討していると、新築物件の価格に驚く方も多いのではないでしょうか?

そのため、最初から中古物件で検討している方も多いと思います。

中古の物件で気になることの一つが、築年数ですね。

今回は、【不動産の購入】旧耐震?新耐震?築年数のチェックについて、まとめました!

【不動産の購入】旧耐震と新耐震の違いについて

中古物件で築年数チェックするのに、知っておくべきことは、新耐震と旧耐震です。

 

【新耐震】

1981年6月以降に建築確認がおりた物件・現在もこの基準

震度6強〜7に相当する大地震で倒壊・崩壊しない

【旧耐震】

1981年5月以前に建築確認がおりた物件

震度5に相当する大地震で倒壊・崩壊しない

新耐震の物件は、現在と同じ耐震基準で建設されたもので、震度6以上の大地震にも耐えられる建物としてつくられています。

「建築確認がおりた時期」と「建物が完成した時期」にはズレがあることです。

そのため、建築時期が1981年前後の物件を検討するときは、建築確認などの資料をきちんと確認して、理解したうえで、判断してください。

また、旧耐震の物件でも耐震補強がされている場合もあります。

住んでいる方が、資産を守るためにお金をかけて耐震補強していることになるので、修繕や管理の状態が良いケースが多いです。

【不動産の購入】ホームインスペクターとは?

特に増えているのは、マンションの建物調査です。

そして、活躍しているのが、「ホームインスペクター」

ホームインスペクターとは、住宅の安全性や品質を調べる専門家のことです。

外壁の塗装だけでなく、パイプや床や壁の中に入った配管部分をチェックしてもらうことができます。

専門家をお探しの方は、お気軽にご相談ください。

マイホームのご購入でお悩みの方は、無料のご相談会を開催しております。

【購入物件診断】不動産エージェントにご相談ができます!

>>【不動産サポート】あなたのお悩みを解決します!

こちらもオススメ記事>>

>>【不動産の売買】「売買する前に読むマイホームの知識」まとめ

こちらもオススメ