不動産

【不動産の購入】契約後のキャンセルのお金について

この記事を読んでもらいたい方は?

  • 家探しを始めたばかりで、勉強したい。
  • 不動産の購入は失敗したくないと考えている。
  • 不動産について、正しい知識を知りたい。

今回は、【不動産の購入】契約後のキャンセルのお金について、まとめました!

【不動産の購入】注意するタイミングは?

マイホームの購入において、注意しなければならないときは、「売買契約するとき」です。

特に、中古物件の売買には気をつけましょう。

購入する物件によって変わりますが、

【売主さんの情報】

  • 新築物件の売主:不動産会社が多い
  • 中古物件の売主:個人が売出メイン

中古物件は、個人同士のことが多いので、売買契約の内容は、売主・買主の都合によって変わります。

契約、引き渡し、入居後のトラブルにならないように、きちんと理解しておきましょう。

【不動産の購入】 中古物件を買うときのチェックポイント

中古物件を買うときのチェックポイント

  • 契約後のキャンセルのお金について

  • 瑕疵担保責任の期間

売買契約をした後のキャンセルについては、手付金が戻ってこないことや違約金がかかる場合もあります。

契約書や重要事項説明書の内容を理解したうえで契約しなければ、大変なことになります。

【不動産の購入】 契約後のキャンセルのお金について(手付解除編)

売買契約のときの手付金を放棄または倍返しすることにより、買主・売主が一方的に契約を解除できます。

手付解除ができるのは、民法では、「相手方が履行に着手するまで」とされていますが、売買契約書に「解除できるのは○日まで」と書いてあることが一般的となります。


【不動産の購入】 契約後のキャンセルのお金について(違約解除編)


手付解除ができる期限を過ぎてから、売主または買主が売買契約をキャンセルする場合です。

「価格の10~20%」など契約書にある違約金の支払いが発生します。

売買契約してから、ある程度の期間が経っているため、売主も買主も引越しの準備をしています。迷惑料のようなイメージです。

【不動産の購入】 契約後のキャンセルのお金について(ローン解除編)

売買契約の後に住宅ローンの審査がおりなかった場合、違約金なしで契約の解除ができます。

解除する権利が、買主にあるので、別の住宅ローンや現金で購入してそのまま手続きを進めることもできます。

こちらも売買契約書に「解除できるのは○日まで」と書いてあることが一般的となります。

【不動産の購入】 瑕疵担保責任の期間について

不動産の売主が、買主に対して負う責任のことです。

具体的には、引き渡し後に構造部分の問題や水漏れなどの“隠れた瑕疵(かし)”があった場合に、修理などの費用を売主が負担します。

新築マンションなどは、売主が不動産会社のことが多いので、この期間は10年となります。

個人間の不動産の売買では、引き渡し後2〜3ヶ月間に設定されることが一般的です。

 

マイホームのご購入でお悩みの方は、無料のご相談会を開催しております。

お気軽にお問い合わせください。

【売買契約書の診断】無料相談会で、行政書士にご相談ができます!

>>【不動産サポート】あなたのお悩みを解決します!

こちらもオススメ記事>>

>>【不動産の売買】「売買する前に読むマイホームの知識」まとめ

こちらもオススメ